BOOKS AND PRINTS JOUNRAL vol.2

書籍名 「BOOKS AND PRINTS JOURNAL vol.2」
表紙 2色カラー
版型 A3 4P +POSTCARD 3piece
定価 ¥500 +Tax
発行 2012年11月2日

*紙面を強く擦るとインクが手に着くのでご注意ください。

特集「野村訓市という職業」
2012年10月10日に2店舗目、BOOKS AND PRINTS BLUE EASTが「KAGIYAビル」2Fにオープンしました。 今回はポストカード3枚セット付録です。Bob Foundationによる「KAGIYAビル」、「だいたいHAMAMATSU MAP」のポストカードは可愛くて実用的! JOURNALの今回の特集は野村訓市さん!東京カルチャーの神髄に突撃取材を決行!ポストカードの3枚目は、若木信吾撮りおろしの「野村訓市」ポートレート写真のポストカード! 是が非でも後世に残したい!渋い!そして、浜松在住のプロダクトブランド「difott」デザイナー、後藤連平さんのコラム「made in 浜松」は浜松市民は必読! さらに12年11月に行われる浜松ピアノ国際コンクールが始まるので、綾部徹之進さんよる「ピアノ音楽のすすめ」は、音色の違いを分かりやすく解説していますよ! 今回も<ソーンレコーズ>と、<トゥルネラパージュ>の店主コラムの連載もあり、好評の「だいたい浜松MAP」はグルメ情報を大幅追加!書店スタッフに浜松の美味しいグルメ・スイーツを聞いてみました! うなぎパイだけが浜松のお土産じゃないってホントだった!ボブヒによる遠州弁講座は2回目開講!ボブヒに心境の変化あり!?若木欣也さんが現役引退(!?)を示唆するこの号は、買って確認するべき!!!

そうだ、BOOKS AND PRINTS JOUNRAL vol.2を持って浜松に行くに!